【おしりたんてい】登場キャラクター(常に更新中!!)

アニメ【おしりたんてい】にはたくさんの個性的なキャラクターが登場します。こちらでは、登場キャラの紹介をします。

※現在、登場キャラクターを更新中です。たくさんのキャラクターを続々とピックアップしていく予定です。時間がかかって申し訳ありませんが、「完成版」と言える日を目指して更新してまいりますので、どうぞお楽しみに!!

詳しいキャラクターの紹介や、エピソード紹介は、各キャラの詳細ページをご覧ください☆(各キャラの詳細ページも順次作成中です!)

おしりたんてい

おしりたんていシリーズの主人公。どんな事件もププッと解決する。I.Qは1104(いいおしり♪)。誕生日は11月4日。好きなものは、あたたかい飲み物と甘いおかし。特にスイートポテトが好きで、あたたかい紅茶と一緒に食べます。趣味はティータイムと読書。髪の毛は7・3(シチサン)で、常にジェントル。辛いものがとっても苦手。口癖は「フーム、においますね」。決め技は「失礼こかせていただきます!」と言って、口からぷす〜〜っとおな○のような強烈な匂いを放ちます。

☆【おしりたんてい】の詳しい紹介、エピソードはこちらの記事へ↓↓↓

ブラウン

おしりたんていの助手。身長がとても小さい。おしりたんていのことを「おしりたんていさん」と呼びます。おしりたんていと同じで、甘いものが大好き。性格は、素直でお調子者。頑張りすぎて度を越してしまうことがよくあります。難しい熟語が苦手で、よく辞書で調べています。おしりたんていが決め技『しつれいこかせていただきます』と、プス〜っとする時は、たいてい犯人と一緒にブラウンも巻き込まれます。

☆【ブラウン】の詳しい紹介、エピソードはこちらの記事へ↓↓↓

おしりダンディ

おしりたんていの父親。『うみのむこうはくぶつかん』の『いせきほごか』でチーフをしています。仕事中はメガネをかけていますが、メガネを取るとくっきりとした大きい目になります(見た目、おしりたんていにそっくり)。髪は短く、おでこに前髪の一部がたれています。服装はウエスタン調で、投げ縄が得意です。口癖は「むむん」、犯人を追い詰めて最後にプス〜っとするときは、「失礼こかせていただくぜぃ」と荒くれた感じで言います。

☆【おしりダンディ】の詳しい紹介、エピソードはこちらの記事へ↓↓↓

かいとうU

かいとうU(かいとうゆー)は、ジェントルな泥棒で、おしりたんていの最大のライバルです。バラが好きで、マントの裏側はバラ模様です。イメージカラーは黒で、頭の黒い被り物は、うん〇の形のように見えます。かいとうUが使用するアイテムなどはトイレを連想させる物や演出になっています。とても紳士的で、レディには優しいです。また、『人は盗まない』というモットーを持っています。盗みをする時は必ず予告状を出します。喋り方が非常に紳士的で『トレビアーン』が口癖です。

☆【かいとうU】の詳しい紹介はこちらをどうぞ↓↓↓

すず

おしりたんていの事務所の1階にある『ラッキーキャット』という喫茶店の店員。マスター(父親)と一緒に働いています。明るく元気で負けん気が強く、男前な性格です。自分のことは「あたい」と言い、語尾は「〇〇しなよ」のようにやんちゃな言葉使いをします。趣味はロックミュージックとボクシングです。

マスター

喫茶店『ラッキーキャット』の店主。すずの父親。見た目は招き猫に似ていて、ラッキーなアイテムにこだわりを持っています。町の情報通で、顔が広いです。娘のすずとは対照的に、話し方は非常に丁寧です。料理上手でスイートポテトは絶品!

マルチーズ署長

ワンコロ警察の署長。身長はブラウンよりも低い。いつも体格のいい部下(大型犬)を引き連れています。丸い物がとても大好きで、目につくとつい追いかけてしまいます。ブラウンと同様、おしりたんていが「しつれいこかせていただきます」と一撃をするときに、よく犯人と一緒に巻き込まれます。声が非常に高く、おしりたんていの事を「おしりたんてい君」と呼び、自分の事を「わし」と言います。

☆【マルチーズ署長】の詳しい紹介はこちらをどうぞ↓↓↓

みみとがり刑事

耳が長く尖っているのが特徴のワンコロ警察の刑事。いつもマルチーズ署長と共に行動している4人組刑事のうちの一人。責任感が強く、ものづくりが得意。うっかり者でドジなキャラクター。いつも先陣を切って行動するため、真っ先に罠に引っかかる。

☆【みみとがり刑事】のエピソード紹介はこちらからどうぞ↓↓↓

くびふとし刑事

首が太く黄色い肌のワンコロ警察の警察官。4人組刑事のうちの一人。体育会系な体つき。瞬発力があり行動派ですが、突っ走ってドジを踏むのがいつものオチ。

こいまゆ刑事

眉毛が濃いのが特徴のワンコロ警察の警察官。4人組刑事のうちの一人。おっとりした性格。11人の子供がいる。両親と奥さんを合わせて全部で15人家族。とても優しい性格で家族思い。

☆【こいまゆ刑事】の詳しい紹介(こいまゆ刑事のつぶやき)はこちらをどうぞ↓↓↓

パーマネント刑事

髪(?)がパーマがかっているのが特徴のワンコロ警察の警察官。話し方がとても丁寧。いつも前向きで、ピンチの時でも明るい。天然キャラで、非常事態でもやんわりと話します。ダジャレが好きですが、そのせいで周囲を凍りつかせてしまいます。運動系はあまり得意ではありません。

☆【パーマネント刑事】の詳しい紹介(ダジャレ紹介)はこちらからどうぞ↓↓↓

https://erinozo.com/permanent/

キシュウ先生

警察学校の先生。名前から紀州犬がモチーフとなっていると思われます。とても元気で運動神経抜群。走るのが非常に早いです。

コアラちゃん

正義感がとても強いコアラの女の子。性格はとことんまっすぐで、短気な一面もあります。周りに困っている人がいると放っておけず、なんとか力になってあげようと頑張る優しい少女です。頼まれていないのに、いつのまにか一緒になって探し物をしたりしています。

かめのこうじみどり

かめのこうじ家のお嬢様。かめのこうじまんねんが歳をとってから出来た子で、目に入れても痛くないと溺愛されています。代々伝わる「レインボーダイヤ」と引き換えに誘拐されてしまい、おしりたんていに助けてもらいます。それ以来、おしりたんていに好意を抱き、憧れています。

かめのこうじまんねん

大豪邸かめのこうじ家の主。とても大きなお屋敷に住んでいて執事が大勢います。娘みどりの事を溺愛し心配するあまり、おしりたんていに、娘が隠れてどこに行っているのかを探るよう依頼したことがあります。調査の結果、実は父のためにプレゼントを作っていたというほんわかエピソードがあります。

かめのこうじうみ

かめのこうじまんねんの奥様。むすめは、かめのこうじみどり、息子はかめのこうじおくねん。(画像は、みどりが誘拐され、おしりたんていのおかげで無事解放された時の喜びの様子。)

かめのこうじおくねん

かめのこうじ家の息子。父はかめのこうじまんねん。母はかめのこうじうみ。姉はかめのこうじみどり。(画像は姉のみどりが誘拐されて、無事に開放された時に、泣いてよろこんでいる時の様子。うしろに執事もいます。)

パオットさん

キッチンカーでお店を出しているゾウさん。ケバブとカレーのキッチンカーを出しています。性格はおっとりしていますが、ピンチになると「〇〇だぞうぅぅ」と言って焦ります。料理上手で味の研究も手を抜かない努力家です。

ニセモノのかいとうU

かいとうUに恨みを晴らすために、かいとうUに変装した人物。昔働いていたとあるお屋敷で執事をしていましたが、本物のかいとうUがお屋敷のお宝を盗んだため、自分が執事をクビになったという理由で、本物のかいとうUを恨んでいます。

ウルフスキー

オオガミ家の城主。世にも珍しいお宝『月夜のうたげ』を所有しています。かいとうUが、偽物のかいとうUを捕まえるために予告状を出したことで被害に遭ってしまう。かいとうUからの予告状を見た直後、慌ててしまい、自らの城に仕掛けてある罠に落ちてしまい、怪我をしてしまいます。

イワン

オオガミ家に使えている執事。非常におっとりしていて、動作も話し方もものすごくスロー。(個人的に、ディズニー映画『ズートピア』のなまけもの『フラッシュ』を連想してしまうほど。)館の罠の場所を知らせようとしても、話し方が遅すぎて、知らせる前にワンコロ警察の刑事たちが次々と罠に引っかかってしまいます。

ヒロ・ラッコー

キレイな貝殻のオブジェを取り扱うお店を営んでいるマダム。公園のお祭りに出店した際、目玉商品の巻き貝を盗まれたことでおしりたんていに依頼します。とても丁寧な話し方の、礼儀正しい女性です。話す時、語尾が「〇〇ざます」と言います。(写真で手に持っているのが、目玉商品の巻き貝)

ナマズラーメン店長・店員

公園の湖の中で営業しているラーメン屋さんの店長と店員さんです。ラーメンをすすりながら「なにかが足りない‥」と考えていると、突然コショウボールの中身が爆発して‥。

☆詳しい展開についてはこちらからどうぞ↓↓↓

カエルミドリコ

雑誌『カフェガイド』の記者。おしりたんていの紅茶へのこだわりと、遺跡から持ち帰ったハチミツについて取材しにきました。

ヨコハマベ

雑誌『カフェガイド』の記者。主に撮影担当。首にはカメラを下げています。カエルミドリコと一緒におしりたんていの取材にきました。

マレーグマ

遺跡のある島で荷物持ちをしています。仕事中に昼寝をしてしまい、おしりダンディがみつけたハチミツを運良く目撃します。どうしてもそのハチミツが食べたくておしりたんてい事務所を訪れ、『カフェガイド』の取材の記者になりすましてハチミツに近付こうと試みます。

http://www.oshiri-tantei.com

おすすめの記事