DRAWING HOUSE OF HIBIYA(ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ)のランチに行ってきました!

ミッドタウン日比谷にあるDRAWING HOUSE OF HIBIYAのランチに行ってきました!

ネットで検索したところ、土日のランチはいつも行列ができるということだったので、予約をして行きました。

こちらはフレンチ料理のレストランで、

「体感するニッポンのテロワール」をテーマに、全国から厳選された「テロワール(土壌)」から届けられる本当に美味しい食材を昇華させた料理

DRAWING HOUSE OF HIBIYA 公式HPより引用)

というコンセプトで料理を提供してくださっている、ということです。

私が行ったのは『春』で、その時のニッポンの地域は『愛媛県』と『宮崎県』でした。

メニューはこちらです。

  • AMUSE(愛媛)淡路産新玉ねぎのポタージュ 愛媛の柑橘と桜エビ
  • COLD DISH(愛媛・宮崎) “ミカン鯛”のカルパッチョ 日向夏と生姜、白胡麻のヴィネグレットソース
  • PASTA(宮崎) 九州産”この華牛”のラグーとトマトのタリアテッレ
  • MAIN(宮崎) 宮崎産”おいも豚”のロースト シェリービネガーと香草のソース
  • DESSERT(愛媛) バニラアイスとみかんのジュレ

通された席はテラス席が見渡せる窓際の席でした。ミッドタウン日比谷には『PARK VIEW GARDEN』があり、キレイな芝生が広がっています。そこでゆっくりくつろぐ方や、水場でファミリーが水遊びなどしている様子が窓越しに見えます。

そんなステキな景色と乾杯のシャンパンに癒されながら待っていると、さっそく1品目のAMUSEがきました。こちらは愛媛県がテーマのポタージュです。

AMUSE

※苦手な食材などある場合は、柔軟に対応してもらえます。

COLD DISH以降の画像はこちらです。

どのお料理も、とってもおいしくてワインが止まりませんでした!昼間から美味しい料理と美味しいワインに癒されて、幸せな時間を過ごせました♪

店内の雰囲気は比較的賑やかで、お子様連れのファミリーも多数いらっしゃいました。赤ちゃんや子供の声が聞こえて、思ったよりもアットホームな雰囲気の店内でした。(ランチだったからかな?ディナータイムを経験していないので、ディナータイムの雰囲気は分かりません泣)

賑やかな雰囲気でのお食事だったので、気兼ねなくおしゃべりしながら楽しく過ごせました。

DRAWING HOUSE OF HIBIYAのメニューは、季節によって地域を変えているようです。様々な地域の「テロワール」から届けられる美味しい食材を楽しみたいものですよね!

https://drawing.restaurant

https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/sp/

最新情報をチェックしよう!