『でんき島の大冒険』とはどんなイベント?自由研究に使える?シティリビング(東京版)に限定メニューが!!

その他イベント

METoA Ginzaで開催中の『でんき島の大冒険』に遊びに行ってきました!

私たちが毎日使っている電気は、どのようにして作られ、どのようにして届けられるのかを、体験やスタンプラリーを通じて学べるイベントです。

夏休みの自由研究の題材に良いのでは?と思い、小学2年生の子供と一緒に体験してきました!

各フロアの紹介

METoA Ginza[メトア ギンザ]は東急プラザ銀座内にあり、1階から3階にわたってあります。

  • 1階‥エントランス(インフォメーション)、カフェ
  • 2階‥METoA VISION(ミッションにチャレンジするバーチャルアトラクション)
  • 3階‥Exhibition(電気が家に届くまでのしくみを体験しながら学べるフロア)

入場無料なので、特に受付や入場口などは決まっていません。2階が東急プラザ銀座と繋がっているので、2階の店内からも入場出来ますし、東急プラザ銀座4階から降りてきても入場出来ます。

ですが、スタンプラリーの順番通りに進むなら、『3階➡︎2階➡︎1階』の順に体験した方がいいです。(詳しくは下記『スタンプラリーについて』の項目で紹介しています。)

スタンプラリーについて

スタンプラリーは全部で5ヶ所あります。『3階』➡︎『2階』➡︎『1階』の順番で、ゴールは1階エントランスのインフォメーション横になっています。

どのフロアからも入場できるので、スタンプラリーも順番通りに押さなくてもゴールできます。

スタンプラリーに使用する『冒険の書』 は、各フロアにありますので、どのフロアから見学しても入手可能です。

【耳より情報☆】インフォメーションの方のお話だと、ゴールまで順番通りに押すと仕上がりが綺麗になるようにインクの順番を設定しているそうです。(このスタンプラリーは、5つ押して1つの絵が完成するようになっています。)時間に余裕がある方は順番通りにまわってみてはいかがでしょうか?

それでは、スタンプラリーの順番通りに各フロアを紹介していきます。

3階 Exhibition について

「でんき」が家に届くまでを、『つくる』『おくる』『くばる』の3つのステップに分けて紹介しています。

壁の絵をタッチすると電気が送られる様子が点灯したり、ボタンを押して液晶が動いたりなど、体験しながら電気が届くまでの仕組みを理解できるようになっています。

中でも一番人気だったのは、バランスボールを使った『でんき球マラソン』ゲームでした。2台設置してあり、各ゲーム独立しているので終わり次第、次の人に交代します。1ゲームあたりの所要時間は約3分間です。

私が並んだ時には前に15人程待っていて、並び始めてから20分位で順番がまわってきました。前の子達のゲームを見ながら待てるので、そんなに長く感じませんでした。

バランスボールを回転させながら画面にある星をGETして電気を送るゲームです。最後ポイントが集計されますが、獲得ポイントにかかわらずゴールできますので、小さなお子様でも楽しめるゲームだと思います。

2階 METoA VISON について

2階のアトラクションは1つ!壁一面に広がったとても大きな液晶ビジョンを目の前に、ミッションにチャレンジします。

左下、各番号の荷物入れがあります

一回のミッションに参加できるのは8人です。大人も子供も参加できます。アトラクション自体の所要時間は15分弱ですが、そのほかに自分の名前を端末に入力したり、記念写真を撮ったりする時間もかかります。並び始めてからアトラクション終了までに1時間ちょっと位かかりました。(私が並び始めた時に前にいた人数は、定かではありませんが20人位かと思います。)

順番がきたらまずは自分の番号の端末にゲームで使用する名前を入力します。漢字は使えず、ひらがな・カタカナ・アルファベットで6文字以内です。

次にミッションクリアでもらえる記念写真を撮ります。ゲームに参加する本人だけでもいいですし、参加しない付き添いの人も含めてグループで撮ることもできます。ちなみにうちは、1枚は自由研究用に子供だけ、もう1枚は記念に家族みんなで撮りました。

ミッションクリアの写真撮影

いよいよゲーム開始です!自分の番号の所に立つと、スタッフの方が右手にゲームに必要な機器を取り付けてくれます。

各ステージで必要なアクションが異なりますが、その都度アクションを教えてくれるので分かりやすかったです。大人も子供も楽しめるアトラクションでした。

ゲームに参加しない付き添いの方は、液晶ビジョン後方にソファーがあるので、目の前で見学できます。また、ゲームに参加する人の荷物は、番号ごとに荷物を入れるカゴが用意してあるので、安心です。

1階 エントランス について

1階にはインフォメーションとその横にグッズ販売がありました。またカフェが併設されていました。

現在、1日限定20食で『でんき島のロールケーキ』を販売していました。残念ながら食べれませんでしたが、ぜひお試しください!

【2019.09追記】

シティリビング東京版(2019.9.13 No.1711)に、でんき島のロールケーキが掲載されました!

いちご入りのロールケーキで現在も1日20食限定です。発電中の発電機をイメージしたスイーツになっています。

シティリビングは、主に働く女性向けの紙面となっていて、私の働く会社でもデスクにまわってきます。仕事の合間の息抜きに、毎回楽しみに読ませていただいているのですが、シティリビングにでんき島の限定スイーツが掲載されていて驚きました!やはり立地も METoA Ginza ということもあり、とてもお洒落なカフェなので、女性にも人気のカフェなのかもしれませんね!自分のブログで紹介したメニューが有名な紙面に載るなんて、とてもびっくりでした!

限定スイーツはこちらのリンクからすぐに見ることができます!ご興味のある方はぜひ!

METoA Cafe & Kitchen | METoA Ginza ウェブサイト
METoA Ginza併設のオーストラリアカフェレストラン「METoA Cafe & Kitchen」ではこだわりのコーヒーやジュース、スーパーフードや野菜を中心とした食事をランチ、ディナー、スウィーツまでお楽しみいただけます。

イベントの感想

夏休みの日曜に行きましたが、思ったより混雑していなかったので、ゆっくり楽しめました。全体で2時間ちょっとで体験できました。

肝心の夏休みの自由研究ですが、題材としてはバッチリでした!スタンプラリーの『冒険の書』には、各フロアの学びポイントがしっかり簡潔にまとめられていて、家に帰ってから落ち着いてイベントの振り返りができました。

こちらのイベント、2019年10月23日(水)までの開催ですので、自由研究はもちろん、電気の仕組みを遊びながら学べるとても良いイベントですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

METoA Ginza ウェブサイト
METoA Ginzaは、三菱電機の製品やテクノロジー、さまざまな企業活動を、新しいカタチの映像や展示でみなさまにお楽しみいただく場所。今まで培ってきた製品やテクノロジー。そして、これから創り出していく世界がさまざまな方法で表現されているこの場所で、日常にはないワクワクをご体感ください。
タイトルとURLをコピーしました